FC2ブログ

【リライズ鍼灸院・ランニングプロジェクト公式ブログ】

ランニングトレーニング、自律神経調整、関節の痛み、治療、セルフケア、身体のこと 日々のこと

ラン de 名著 ~疾走 

【ラン de 名著】
重松清 著 『疾走』

 西日本のとある干拓地と水平線が広がる町に暮す中学生のシュウジは
、寡黙な父と気弱な母、地元有数の進学校に通う兄シュウイチの四人家族
だった。陸上部に所属し練習に励むシュウジだが町にリゾート開発計画が
持ち上がり、優秀だったはずの兄シュウイチが犯した犯罪をきっかけに、
一家はたちまち苦難の道へと追い 込まれる…。

主人公のシュウジは走るのは好きだがずば抜けて速いわけではありません。が。

「走ると、風が吹きつけてくる。 自分のつくった、自分だけのために吹く風だ。」

という気持ち、ある意味、走ることへのシンプルな雑味のない思いで走っています。

・・・

この物語は「重い」です。兄の変容やそれにともなう周囲の奇異の目線が多感な
少年に、多く考えさせ、行動させてしまう描写がリアルです。

当著を読んだのは20代半ばで放蕩していた時分でしたが。
それでも涙腺が崩壊した覚えがあります。

陸上的な「疾走」という描写は多くはなく、後半はグロテスクな描写も
多少あります。

自分が中学時代から陸上をやっていたということも感情移入をさせる
要因だったのかもしれないですが、やっていなくても主人公や家族
の救われない描写には心を打たれるものがあります。

数年後には映画化されました。監督が好きな監督でもあったという
偶然もあって一人で単館の映画館に観にいきました。

原作通りには当然描き切れないが、エッセンスは伝わってくるのが
わかりました。原作を知らない人からすると「the邦画」
って感じるかもしれません。

S.E.N.Sのテーマ曲「rain」は完ぺきにマッチングしていると思います。(NEWSじゃないよ)。

・・・・・・・・
なのではっきりってこの本を読んで「元気」にはなるまい
と思います。

ただ朝焼けの坂道を全力で走ってみようと思う。

//////////////////////
【リライズ鍼灸院 】
http://rerise-web.com/

【リライズランニングプロジェクト】
http://rerise-rc.com/
名古屋市瑞穂区豊岡通3-38若山ビル1F 
℡052-859-1500

ラン de 名著 ~奈緒子

【ラン de 名著】

奈緒子(ビックコミックス)
safe_image.jpg
坂田信弘原作・中原裕作画
 
主人公「日本海の疾風(かぜ)」こと雄介の常人離れし
たランニングの能力(高校生でマラソンオリンピック制覇 2時間2分22秒!)や
不可解な練習方法や治療方法もあるが、根本的なトレーニング方針は
現在にも通づるところがあり興味深い。

なにより雄介の中学や高校時代の駅伝の練習(部活)や「あるある」
が共感ができるところではある。

奈緒子の要因で父親を事故で失った雄介の心情や兄大介の奈緒子との
葛藤などが垣間見え興味深いです。そこには「走ることを通して人と繋がる」
という関係性が根底にあるし、勝ち負けにはこだわるけれども、その先にある
ものに対してもフォーカスしているところが単純なスポーツ漫画ではない所以です。

なので映画化もされているようですが私はまだ見ていません。

・・・・前からこのような作品レビューエッセイをしてみたかったんでやってみました。あくまで私見です。



///////////////////////
【リライズ鍼灸院 】
http://rerise-web.com/

【リライズランニングプロジェクト】
http://rerise-rc.com/
名古屋市瑞穂区豊岡通3-38若山ビル1F 
℡052-859-1500

リライズ ランニング プロジェクト

リライズランニングクラブっていうのも何かセンスがないので

Nike Oregon Projectに肖り ReRise Running Project(リライズランニングプロジェクト)
といたします。


RRP PE2

まずはプレをやりますが、参加される方全員が満足できる内容に
したいと思います。

結局 ランニングっていうのは個です。

孤ではなくて、個の集まりになれるといいかなと想いっています。

どういうことか・・・またつづります。















ランニングクラブ発足にむけ

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

先日ランニングクラブ:~リライズランニングプロジェクト~発足に向けプレイベントを行いました。
RRC2018

山崎川ヒルクライムランです。


36450357_1992463734162229_5107150731274616832_n.jpg


暑い中でしたが、皆様ご自分のペースで集中して
トレーニングできたと思います。


なぜ坂道なのか、ただいま専用ウェブサイトも作成中です。


プレイベントトレーニングはまだあります。

ご興味ある方はご連絡くださいね。

///////////////////////
リライズ鍼灸院 
http://rerise-web.com/
名古屋市瑞穂区豊岡通3-38若山ビル1F 
℡052-859-1500

第7回飛騨高山ウルトラマラソン回顧録

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

さて第7回飛騨高山ウルトラマラソンを少し振り返りたい
と思います。

設定タイムは11時間30分でした。
結果は11時間45分ということで15分の遅れでした。

34875710_836047116578637_7030751173086806016_n.jpg

原因は
・トイレ順番待ちタイムロス(3回で20分)
・エイドタイムロス
・後半の巡航ペース少しのダウン(マメつぶれ)

という点です。

上記を鑑みると前半の50㎞を5時間ジャストではいけたと思います。

しかしトイレなどは生理現象ですからどちらにしても自分の体力内の
ことなので仕方ないですね。

エイドはまぁ毎度ですけど川柳も投句もしているし、飛騨牛とか
もきちんと食べたい、ボランティアの方とも多少会話ををしたい、
またマイボトル・カップ持参なので受給まで毎回少しづつ時間かけている感じです。

登山と同じで時間内(ルールモラル)であればどのような走り方
(考え方)をしてもよいのがマラソンで、ウルトラマラソンは超長距離
だけあってそういった各個人の考え方が顕著に垣間見えます。

例えば記録を見てもトップは7時間33分、最終ゴール者は13時間59分ですし、
仮装?やスタイルも様々です。

ただ、それだけに「とにかくゴール」をしたいレースではありますね。

さて、基本的には来年も同じスタイルで私も参加予定です。
それでも11時間を少し切るくらいでは走れるかなと思います。

それにしても後半70~90㎞というのは辛い、コース的もエグい
です。

IMG_1635.jpgIMG_1632.jpg

もう回復しましたが、レース後3日間ほどは筋肉痛もありますが、
身体がだるかったです。おそらく一過性の貧血状態などになって
いたと思われます。

あれだけ走れば赤血球こわれるわな。



今年も応援に駆けつけてくれた家族と90㎞地点にサプライズ応援
できてくれた前職の仲間の応援で頑張れました。

そして大会運営スタッフ、高山市民の皆さまありがとうございました。

///////////////////////
リライズ鍼灸院 
http://rerise-web.com/
名古屋市瑞穂区豊岡通3-38若山ビル1F 
℡052-859-1500

FC2Ad