FC2ブログ

【リライズ鍼灸院・ランニングプロジェクト公式ブログ】

ランニングトレーニング、自律神経調整、関節の痛み、治療、セルフケア、身体のこと 日々のこと

読売犬山ハーフマラソン結果!

 読売犬山ハーフマラソン走りました。目標タイムクリア!1時間24分46秒(ネット)1㌔ほぼ4分ペースです。
しかし、後半は冷たい風が吹ききつかった。寒さで脚が動かなくて「意識的に」動かす状態になってしまいました。後半スタミナ切れともいえるでしょう。
しかしこのペースで現状フルマラソンは走れないですね。5月くらいにフルがあったかな~
1km4′11″
2km3′48″
3km3′50″
4km3′50″
5km3′54″
6km3′51″
7km3′58″
8km3′55″
9km4′01″
10km4′00″
11km4′01″
12km4′04″
13km3′56″
14km4′04″
15km4′03″ 16km4′08″ 17㎞~ラスト21′19″ 1h24′46″

ちなみに恒例のウォーミングアップエアロ(走動作を意識した)は今年も稲田インストラクターでした。
曲がシブかったです。
ハウンドドック~ff~ → 中村あゆみ~翼の折れたエンジェル~→忘れた
ワイヤレスマイクが落ちるハプニングもご愛嬌でした。さすが!

今回のウォームアップではいわゆる静的ストレッチは少しだけであとはこのエアロをストレッチ代わりにやりました(一番前で本気でやりました)が、実際、スタート直後から脚は動いていました。
ウォームアップで学生の時は静的ストレッチに重点をおいていましたが、うーんやはり時期的な要因を考えると動的ストレッチのほうが効果的なのでしょうか。しかし、気分的に静的ストレッチをしないと落ち着かないという面はあります。

 今回の読売犬山ハーフマラソンは一定のレベルでスタートをわけていたのでとても走りやすかったです。関係者のみなさま、犬山市ボランティアの方々ありがとうございました。





メディカルフィットネスクラブ鳥居
http://mfctorii.com/






春日井地域活性化プロジェクト 
~春日井げんき倶楽部 ブログ~

http://ameblo.jp/kasugaigenki/


読売犬山ハーフマラソン

 今週の日曜日は
東京では東京マラソン
愛知では犬山ハーフマラソンが行われます。
東京は盛り上がってますね。天気もよさそうですしね。

もちろん犬山も盛り上がっています。

 去年は右腓腹筋内側頭遠位の肉離れ1週間という状態で走り切り1時間28分32秒でした。
もう途中でやめようかと思いながら、(ふつうはやめたほうがよい)走りましたが、
しばらくはまともに歩けませんでした。
しかし、その後、回復、痛みの消失後もリハビリ、エクササイズなどを定期的におこなったせいか一度しか、痛みはでませんでした。

 365日でどれくらい速くなったのか楽しみですね。目標は1時間24分台です。
調子がよければ田楽を食べて帰ってきたいと思います。

あと例年通り、稲田有己子インストラクターによる、ランニングウォームアップエアロが
あります。今年も一番前で激しくレッツダンスします。(ダンスではない)

 実際、冬場のウォームアップとしてはエアロビクスのような心拍数と筋温をあげつつ、可動域を広げていく動きはとても理に適っていると思います。

名古屋ウィメンズマラソンもいよいよですが、その前にスパークしてきたいと思います。










メガネは顔の

メガネを新調いたしました。

6年程利用していたメガネが壊れてしまったからでこざいます。

仕事でも、プライベートでも使えるとおもいます。



「普段メガネかけてねーじゃん。」

とお思い方もいるかと思いますが、

 ほぼコンタクトレンズを使用していますからね、メガネをかけたのはコンタクトレンズの替えをウッカリ切らした時か三叉神経ヘルペスになって、腫れを隠していた時くらいです。

 



今回は全国的なメガネ屋さんで購入しました。
しかし、
春日井にある、現代のサムライ、哀川翔氏プロデュースのメガネ屋さんも気になります。


メディカルフィットネスクラブ鳥居
http://mfctorii.com/






春日井地域活性化プロジェクト 
~春日井げんき倶楽部 ブログ~

http://ameblo.jp/kasugaigenki/




気温零度! 闘志百度!

 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日も雨が冷たい一日です。
風も向かい風です。
しかし、マフラーで体も心も温まります。









閑話休題
名古屋ウィメンズマラソンも近づいていますが、
今の時期は地元の中学では耐寒訓練(朝道路を全校で走る)&全クラス対抗継走大会(周回コース駅伝)
をやってると思います。もっと早いかな。
1から3年生全クラス対抗という体力差を
無視した(笑)大会なのですが、1年生時は全クラス(33クラス中)で4位とかにもなったし、2年の時は真ん中より下ということもあるので、学年による体力差だけでは一概に図れないという面白い大会でした。

 そこで毎年全校生徒からその年の「訓練&大会スローガン」を募集するわけです。

誰がどういう基準で選ぶのかわかりませんが、3年の時は確か
  
「自分の限界にラストスパート」(テラサワくん作だったかな~)
が選ばれていました。

もちろん、自分でも投書したけどカスリもしなかったな~。
文才がなかったのですね。

ところで表題のスローガン作は・・・・



メディカルフィットネスクラブ鳥居
http://mfctorii.com/






春日井地域活性化プロジェクト 
~春日井げんき倶楽部 ブログ~

http://ameblo.jp/kasugaigenki/



ランニングケアが増えてきた~一考

 いつもブログをご覧いただきありがとうございます。


 さて、名古屋ウィメンズマラソンも近づき参加される会員さんのボディケアをすることが増えてきました。 レースが近くなり、ややオーバーワーク気味の方も増えているようです。今のところ、シンスプリントやアキレス腱の慢性的な痛みなどにはなっていませんが、これから注意していきましょう。
本日も一宮で30kmレースがあり、2名の方のケアがありました。

それにしても少し前まで
「走るのだけは苦手、キライ」
「絶体にマラソンはやらない!」

と言われていた方々がいつの間にかフルマラソンに出場するのですから、スゴイものです。
 
わたしは大学卒業まで陸上長距離をしていましたので、よく質問されました。
「なんで、走ってんの?」
「きつくないの?、面白いの?」
「Mなん?」
当時の理由は様々だったと思いますし、今とはもちろん違います。
共通するところもありますけれども。


現在のみなさんも様々理由のようです。
健康、ダイエット、美容、ファッション、人間関係 様々です。
マラソンを完走した時の充実感や記録を更新した時の充実感が忘れられないという声も
聞きます。これは私も感じます。

端的にいいますと「自由」を感じるわけです。きつかったレースや、記録更新が難しいと思われるレースなどのほうがより感じることがあります。
ただその感じが永遠に続くことは基本的にはないので、また走ってしまうのでしょうね。

これを人はMというのでしょうか。







FC2Ad