FC2ブログ

【リライズ鍼灸院・ランニングプロジェクト公式ブログ】

ランニングトレーニング、自律神経調整、関節の痛み、治療、セルフケア、身体のこと 日々のこと

名古屋→土岐アウトレットラン

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

飛騨高山ウルトラマラソンまであと2週間を切りました。

ということでロングジョグを土岐市、アウトレットモールまで
実施です。
ガーミンのコントロールミスで35.8㎞ですが、40㎞まで走っております。

飛騨高山ウルトラマラソンはアップダウンもさることながら、
日中は高山市内を走ることになり、気温も例年25℃を超え
30℃ちかくになることもありました。

暑熱馴化の意味合いもあり、本番をイメージしてコンビニなどの
ステーションストップでも時計はとめずに走りました。
やはりステーションストップ、特に大エイドでは10分前後は消費します。
そうなるととにかく「一定の巡行速度」が求められるわけです。

ですので走っているときはキロ5分10~40秒をキープ。


33653380_1937824706292799_8207157279695306752_n.jpg


ただ思ったより暑かった・・・
また19号線は途中だれーもいないところを走るので
少し寂しい感じです。まぁ春日井、多治見と山を越えているので
仕方がないか。

帰りは奥さんに車で来てもらい、銭湯、そば、ビール、アウトレットと
堪能しました。

当日の天候はわかりませんが、暑さに対しての準備はひとつできて
きました。


///////////////////////
リライズ鍼灸院 
http://rerise-web.com/
名古屋市瑞穂区豊岡通3-38若山ビル1F 
℡052-859-1500

フィールドホッケー選手のリカバリー

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

先日男子社会人ホッケーチーム 名古屋フラーテル(ベルテクス)の大門選手が
リカバリ-ケアに来院されました。

名古屋フラーテルHP➡


フィールドホッケーというのは日本ではまだまだマイナーであることは否めない
ですが、北欧などではポピュラーなスポーツです。

また、大門選手が所属する名古屋フラーテル(ベルテクス)は
歴史あるチームで過去には社会人選手権13連覇などを達成しています。

しかし、ほとんどの練習場所は岐阜になってしまうらしいです。

せっかく名古屋にすばらしいチームがあるのに・・・もっと名古屋市や
愛知県は普及に努めればいいのに、と思います。

31953666_1912272335514703_5798096796085387264_n.jpg

次回の大きな試合は夏の国体予選だそうで、現在ハードなトレーニングや
遠征が続いているようです。(かなりお疲れ)

頑張れ名古屋フラーテル(ベルテクス)!!

///////////////////////
リライズ鍼灸院 
http://rerise-web.com/
名古屋市瑞穂区豊岡通3-38若山ビル1F 
℡052-859-1500

中高年のお客様も多いです

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は午前中に50代女性の方のリカバリーケア対応、
膝痛は良化しています。

32105703_1913224428752827_4707427681338130432_n.jpg

そして昼は山崎川で自分のトレーニング、お花見が終わった沿道は静かで、誰もいません(猫だけいた)
今日はインターバルでした。

飛騨高山ウルトラもありますが、サブスリーも狙ってますので。現在3時間00分45秒(ネット)


32074003_1913224372086166_9139904939504435200_n.jpg

31958538_1913224488752821_8547970519545151488_n.jpg

#リライズ鍼灸院
#スポーツ鍼灸
#膝痛
#リカバリー
#サブスリー
#サブフォー
#ランニングケア
#インターバル

きつい!!
//////////////////////
リライズ鍼灸院 
http://rerise-web.com/
名古屋市瑞穂区豊岡通3-38若山ビル1F 
℡052-859-1500

飛騨高山ウルトラマラソンが今年も

第7回飛騨高山ウルトラマラソン】

今年の要項がきました。 
ここまでの戦績は・・・

第1回・出場なし
第2回・13時間30分
第3回・13時間12分
第4回・13時間07分
第5回・12時間13分
第6回・11時間53分

今年は11時間30分前後でのfinishを目標といたします。
しかし私の場合各エイドは寄るし、川柳も投句するので
だいぶゆったりの感じです。
タカヤマ
それでも私の出場する目的は

①100kmのなかでコアを意識した走りは何キロまでできるのか、
また、コアが抜けた場合どのような影響(痛み)がどこに
でるのか、更にそれらは途中で修正できるのか。

②長距離上り坂に対応するための足趾関節、足関節、股関節、
骨盤といったエレメントを正確にコントロールしつつ、協調させ
トロッティングに繋げる動きづくり、また、エネルギーをセーブする
走り方、筋動員のイメージははどういったものか。

③100kmのなかでどのように水分補給、栄養素補給、エネルギー
補給をすると、脱水症状、低血糖症状、低ナトリウム症状などをふせげるのか。

これらを身を以て感じ、体現し、日常の治療に活かすことです。

そしてなんとか完走し、健康、身体の壮健さ、それを与えてくれた
親や妻、家族に、より感謝の意を表したいと思います。

何もご存じない方からすると100㎞レースというのは

「気がどうかしている」
「何の意味があるのか」
「健康に良くない」

と思われる方も多いようです。

むろんそれは至極当たり前の反応であります。しかし誤解を恐れずにいえば

「薬をつかって血圧が安定している」
「調子が悪くなったらすぐ病院にいけばよい」
「若くないからおとなしくしていよう」
「低血糖(脂肪)食を気を付けて取っているから大丈夫」



「それが真の健康なのか!」

私たちの遺伝子はまだ石器時代のエッセンスが濃く、まだまだ現代の
ライフスタイルとは適合していません。

また私たちの脊柱はS字を擁しており、不安定な様態ともいえます。
しかしその不安定性の中で百万年単位で調整力、免疫力、翻って健康を擁してきました。
100㎞という(興味のない人からすればどうしょうもない)舞台のなかで
人間の本質に迫り、そしてそれを日常の治療やトレーニング指導に還元してまいりたいと思います。

さてさて当院のお客様も多数参加されます。
コンディションがいまひとつの方々もおられるようですが、
なんとか完走をできるよう祈念しております。自分も含めて。

///////////////////////
リライズ鍼灸院 
http://rerise-web.com/
名古屋市瑞穂区豊岡通3-38若山ビル1F 
℡052-859-1500

FC2Ad