小学生陸上クラブでのセミナー
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

先週の土曜日はとびしまの陸上クラブでのセミナーを担当させて
いただきました。

セミナーといっても小学生約40名(低学年も15名ほど)ですから、

座学ではなく、エクササイズ中心のセミナーとなりました。

「体幹」と銘を打っていますが、いわゆる「体幹エクササイズ」っぽくは
なかったと思います。「走・軸」といった感じです。またこの辺は
フィットネイションズ勉強会でアウトプットしてまいります。

https://fitnations.jimdo.com/


またわかりやすく、かつ実感(体感)するために、エクササイズも

回数で変化がわかるようなものにしてみました。

やはりこういったエクササイズのほうが一般的な子供は集中力を
発揮するようです。



to1.pngto3.png

そうはいっても高学年には
・・トレーニングとは
・・競技(者)とは

「考えて」ほしいところです。


その意味では小学生に哲学的要素を求めるのは酷ではあるが、
指導する側は少なくても哲学的思考はもたなくてはならないですね。

私が中学1年陸上部だった時の恩師のK先生の試合前日のミーティングは
「競技者とは・・」
「チャンピオンとは・・・」という訓示(?)でした。

振り返ると私は当時はよく理解していなかったと思いますが、
今なら解ります(遅)


/////////////////////////////
リライズ鍼灸院 
http://rerise-web.com/
名古屋市瑞穂区豊岡通3-38若山ビル1F 
℡052-859-1500



走らなければ・・・ | Home | 千葉よりの落花生

Comment

Post comment

Secret